医療及び介護で必要な身元保証

subpage01

医療機関や介護保険ではその利用に際して身元保証を行うように依頼をすることがあります。

彼等は利用者や患者負担分の支払が適切に受けられることが必要であることと、万が一の時の連絡先として届出を依頼しているわけです。
したがって可能であれば、その身元保証では血族で日ごろから連絡のやりとりをしている人などに依頼をして欲しいと言われて対応をします。
ただしあくまで身元の保証を行うだけで法的にどこまで対応をしなければならないのかは不明です。

特に高額な支払を求めなければならない場合には相談をするという話しになるのが一般的になります。

医療機関でも介護保険でもその利用に当たっては守らなければいけないことが多数あります。

身元保証に関するマニアックな情報をお届けします。

したがって、そのルールを逸脱したときに利用をやめてもらわないといけないということもあり得ます。また急な連絡を欲するときに身元保証を行ってくれる親族や家族との連携が出来ることは必要なことです。



現場では独居高齢者などへの対応に苦慮します。

医療費や介護費を支払ってくれるのかどうか、また万が一の時に引きとってもらえるかどうかなどが重要です。

また入院や入居などが必要だとしてそのときの対応をするときにも身元保証を求める場合があります。
つまり何かあったときの連絡先として活用を行うものです。



医療費や介護費の支払いなどで困っている場合にはケースワーカーなどに相談をする他に、高額療養費の医療や介護のものを交付してもらっておくと安心できます。