身元保証の必要性について

subpage01

身元保証というと、自身が不安要素であるような印象を受けてしまいますが、現在の日本では様々な場面で身元保証や保証人の提出を求められます。

身元保証について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

もっとも身近な例だと、住宅となる不動産の賃貸契約を行う際に必要になります。
他には病院へ入院をする際や、会社によっては就職する際に必要になります。



自身が両親や兄弟といったいわゆる家族が健在であり、その関係性が良好である場合は、一般的な身元保証という問題はすんなりと解決できます。それは家族全員にそうであると言うことができると思います。しかし、保証を頼める家族が居ない人や、居たとしてもその家族の住所が海外の場合(勤務地や居住地が日本国外である場合)は、その契約であったり、サービスを受けられないということになってしまいます。

不動産の賃貸契約時のように、別途保証会社に保証料金を支払うことで解決できる、安易な件であれば良いのですが、病気や怪我を伴う病院への入院や、介護施設や老人ホーム等を利用する際に、前述のような安易な解決方法が無いことが問題となります。



さらにそういった利用を求める際は緊急性があることも多く、例えば規則で決まっていることですから利用はできませんというように、完全に断ってしまえないような場合も多々あると思います。現在は家族のあり方も多様化され、人間関係も希薄になっているなどの理由から身元保証の問題はさらに増えていくことになりますので、自身には無関係と思わず少しでも解決策を日々模索しておくことが大切です。