入院時に身元保証をしてくれる人がいない場合の対処法

入院時に身元保証をしてくれる人がいない場合の対処法

subpage1

病院に入院する場合には身元保証をしてくれる人を用意するよう求められることがありますが、少子高齢化が進んでいる今日ではその身元保証人をたてることができないがゆえに入院を断られるケースがしばしば起こっています。
このような場合の対処法としてまず考えられるのは、身元保証人がいなくても入院させてくれる病院を探すことですが、今日ではこのような病院は非常に少なく、場合によっては自宅から非常に遠い場所にある病院に行かなければならないため現実的な方法ではありません。

こだわるなら身元保証情報の豊富さで有名なサイトです。

現在、身元保証をする人がいない場合の対処法として最も有力なのは、民間の法人が提供している身元保証サービスを利用する方法です。

このサービスを利用するためには入会料と年会費を支払えるだけの現金が必要ですが、申し込んでお金を支払えば、入院が必要となったときにサービスの運営会社が間に入って身元を保証してくれるほか、緊急の事態が起こった時の問い合わせにも対応してもらえます。



入院先の病院については本人が決めなければなりませんが、それさえ済めば後のことは業者側がやってくれるので便利です。



なお、この民間の法人では身元の保証を行うサービス以外にも、電話等での健康状態の確認やトラブル対応といった生活支援サービスも行っているほか、亡くなった後の葬儀や納骨の手続きを行うサービスをオプションで選択することができます。
ただし、利用するサービスが多くなるほど費用が高くなるので、家計への影響が出ない程度にサービスを選択しましょう。

身元保証の秘密

subpage2

身元保証人とは一般的な債権の保証人や連帯保証人とは負担する内容や範囲が異なるものです。身元保証人は企業に入社する時に使用者側に求められるもので、身元保証人にはその人の身元を確認するという意味合いと損害賠償責任を本人と同じように負担するという意味があります。...

next

身元保証が気になる方

subpage3

身元保証というと、自身が不安要素であるような印象を受けてしまいますが、現在の日本では様々な場面で身元保証や保証人の提出を求められます。もっとも身近な例だと、住宅となる不動産の賃貸契約を行う際に必要になります。...

next

身元保証をよく学ぶ

subpage4

医療機関や介護保険ではその利用に際して身元保証を行うように依頼をすることがあります。彼等は利用者や患者負担分の支払が適切に受けられることが必要であることと、万が一の時の連絡先として届出を依頼しているわけです。...

next

身元保証の学びたい知識

subpage5

高齢になると困るのが「身元保証」で、若い頃は両親や兄弟姉妹、親戚など血縁関係に頼めば何とかなりました。身元保証とは雇主が被用者のために負うことがあるかもしれないリスクの賠償を他人に担保してもらうことで、被用者の債務不履行や不法行為などが行われた場合に生じる損害賠償役務を保証してもらう相手のことです。...

next