就職時の身元保証人の役割 - 入院時に身元保証をしてくれる人がいない場合の対処法

就職時の身元保証人の役割

subpage01

身元保証人とは一般的な債権の保証人や連帯保証人とは負担する内容や範囲が異なるものです。


身元保証人は企業に入社する時に使用者側に求められるもので、身元保証人にはその人の身元を確認するという意味合いと損害賠償責任を本人と同じように負担するという意味があります。
損害賠償を本人の代わりに負う可能性があるという点では連帯保証人と変わらないようにも思えますが、会社などに入社する時の身元保証人に関しては法律によって保証人の責任は限定的になっています。

身元保証に関するお悩み解決にはこちらです。

まず期間に関する制限があって保証人になってから5年が限度になっています。
そのため本人が5年以上同じ会社で仕事をしていても期間が過ぎれば一切の責任は発生しません。保証人に何らかの責任が生じる可能性がある時は本人を雇用している使用者が保証人にその事実を通知する義務があります。
本人が転勤などで保証人が監督できない状態になる時にも通知する必要があります。

この通知を受けて保証人は保証契約を解除する事ができます。


就職時の保証人に求められる責任は一般的な債権の保証人になるのと比べて責任の範囲を予想しにくいです。



そのため保証人自身が予想していない損害の責任が発生する可能性があるので、あまりに大きな責任を負わないようになっています。
損害賠償請求が行われた時も裁判所はあるゆる事情を考慮して責任を小さくする事ができるように法律で定められていて身元保証人に関する法律は基本的に保証人を守る為に作られています。